2010年04月22日

飲酒による心血管系への有益性は喫煙によって消失

適度な飲酒は脳卒中や心臓障害のリスクを
低減するといわれるが、英国の研究でこの説が裏付けられる一方、
喫煙者には当てはまらないことが示された。


「適度なアルコール摂取により脳卒中に有益な効果が
あったとしても、喫煙によって打ち消されてしまう」と、
研究を率いた英ケンブリッジ大学のYangmei Li氏は述べている。
この知見は、カナダのトロントで開催された
米国神経学会(AAN)年次集会の記者会見で発表された。
http://goo.gl/8IdI

後半年弱でたばこが値上げされます!

これを機会に禁煙にトライしませんか!



ラベル:喫煙
posted by ともかず at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最新情報満載アイテム豊富ディスカウントモール出店記念大放出中お得情報はこちら!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。