2010年02月16日

コーヒーポリフェノール

コーヒーは私たちの生活に深く浸透している
食品のひとつだ。その主な成分といえば、
一般に「カフェイン」のイメージが強いが、
じつはある健康成分を多く含んでいることをご存知だろうか?
 コーヒーの苦味成分でもある
「コーヒーポリフェノール」が、それである。


ポリフェノールの一日の摂取推奨量は1500rが目安とされているので、コーヒーの場合、3杯程度で一日に必要な摂取量の半分以上を
賄える計算となる。前掲調査によれば、コーヒーを飲む機会の多い主婦(1日3杯以上)は、日に1200rのポリフェノールを摂っているという。
つまり、コーヒーをよく飲む人ほど、多くのポリフェノールを
摂っていることになる。過剰な摂取はもちろん禁物だが、
3〜4杯/日程度であれば、日常生活に組み入れることは
十分に可能だろう。
http://goo.gl/gcLK


posted by ともかず at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日からの取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

1日1食の雑穀ご飯

「日本人が、雑穀を食べなくなった1960年代から、
生活習慣病が増えた」と指摘するのは、横田准教授。
国産十六穀米


雑穀(全粒穀物)の摂取量が落ちると同時に
脂肪の摂取量が増え、糖尿病患者も増え始めた。
60年代といえば東京オリンピックの前後。
一般家庭の食卓にも、欧米化の波が押し寄せたころと一致する。
http://nh.nikkeibp.co.jp/article/special/20100119/105602/?P=1


悪い体脂肪を減らすにも最適のようです。


毎日の食事考えないと・・・。
ラベル:雑穀 ミネラル
posted by ともかず at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日からの取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月27日

食で若さ保つ!お勧めやっぱり日本食!

年齢・性別にかかわりなく関心が高い
アンチエイジング(抗加齢)。


動脈硬化の危険因子である高血圧、たばこ、
糖尿病、コレステロールは酸化ストレスを
増加させるため、これらの予防は抗加齢からも重要。
特に食ではコレステロールの摂取量を
いかに少なくするかが課題になるという。



世界保健機関(WHO)循環器疾患専門委員として
八〇年代から世界六十一地域で調査した結果、
「野菜、大豆、魚介類、乳製品を積極的に取ることが、
生活習慣病のリスク軽減と健康寿命を
延ばすために重要だと分かった」と説明する。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/technology/science/CK2010012602000145.html


親子でファストフードを食べる光景が珍しくなくなった。
今はよくても二十年、三十年後に影響する、と専門家は警鐘を鳴らす。

posted by ともかず at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日からの取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最新情報満載アイテム豊富ディスカウントモール出店記念大放出中お得情報はこちら!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。