2009年12月17日

梅は胃炎と糖尿病予防に効能

梅に含まれる成分が胃炎や胃がんの原因となる
ピロリ菌の運動を抑える可能性があり、
糖を体内に取り入れる酵素の働きを弱め糖尿病予防にも
期待できることが、和歌山県みなべ町と近畿大、
県立医大など9機関の共同研究でわかり、
同町が16日、研究に関する特許を
取得したことを明らかにした。


梅干を1日1個以上食べると、胃がんや糖尿病などの
予防効果が見込めるという。


研究は平成13年に始まり、ピロリ菌の運動抑制については
15年に、糖の吸収を抑える効果については16年に
それぞれ特許を申請し、6年かけて登録が認められた。
宮沢教授は「食べ方によっては医薬品以上の効果を期待でき、
かつ副作用は少ない」と話している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091217-00000043-san-l30
ラベル:梅干
posted by ともかず at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日からの取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

血管力を高める2010年注目のヘスペリジン

ヘスペリジン」は柑橘類に多く含まれる健康成分。
ポリフェノールの一種でビタミンPとも呼ばれていて、
欧州で血管系疾患やリウマチ・関節疾患の医薬品に
使われるなど薬効が高く評価されてきたが、
水に溶けにくい性質があり、体に吸収されにくいことが
商品化の課題とされてきた。
ところが近年、林原生物化学研究所が従来の
10万倍水に溶けやすい「糖転移ヘスペリジン」の
開発に成功したことによって、
問題は一気に解決へと向かっているのだ。


毛細血管の強化をはじめ、血流循環の改善など、
血管・血圧への有効性を示す研究が相次いで発表されたことで、
商品への導入が急速に進んだ。
http://www.j-cast.com/mono/2009/11/30054990.html

いいものは上手に組み合わせて
使いたい!ですね。


ラベル:ヘスペリジン
posted by ともかず at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日からの取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月03日

刑務所の食事で健康増進

刑務所の食事の代名詞でもある「麦飯」が糖尿病に効果的―。
福島刑務所(福島市)で受刑者の健康管理にかかわった
日向正光医師(37)=福島市=が服役中の糖尿病患者の
データを分析し、刑務所の食事が糖尿病の改善に
向いていることを確認した。
麦飯などに食物繊維がたっぷり含まれているためとみられる。


福島刑務所も含め刑務所のご飯は、コメとオオムギの比率が7対3。
さらに福島刑務所では海藻類やキノコ類などの
高食物繊維食も多く出され、受刑者は日本人男性の約2倍の
食物繊維、5倍の水溶性食物繊維を摂取しているという。
http://www.kahoku.co.jp/news/2009/12/20091202t63030.htm

やはり普段の食べ物ですね・・・。

そしてちょっとの運動??


ラベル:麦飯
posted by ともかず at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日からの取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最新情報満載アイテム豊富ディスカウントモール出店記念大放出中お得情報はこちら!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。