2010年01月29日

女性は男性より20分長く寝る必要あり!

理由の一つは脳の使い方の違い。

大まかな話として「男は論理的」「女性は感情的」と
いうように、男女には物事の考え方にも
違いがあると言われている。
もちろん個人差が存在するため、
これはあくまでも傾向としての話。


現代女性の睡眠状況を総合的に勘案した結果から、
ホーン教授が行った
「女性は20分長く寝る必要がある」との今回の提言。
とかく睡眠時間が足りないとされる現代人だが、
「必要なのは深い、快適な眠り」というホーン教授は、
女性は特にしっかり眠るよう呼び掛けている。
朝、隣ですやすやと寝顔を浮かべる妻を起こさずに、
少し長めに寝かせてあげるのも、夫の優しさの見せ所かもしれない。
http://news.livedoor.com/article/detail/4576520/

ラベル:睡眠 ベット
posted by ともかず at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

1日1食の雑穀ご飯

「日本人が、雑穀を食べなくなった1960年代から、
生活習慣病が増えた」と指摘するのは、横田准教授。
国産十六穀米


雑穀(全粒穀物)の摂取量が落ちると同時に
脂肪の摂取量が増え、糖尿病患者も増え始めた。
60年代といえば東京オリンピックの前後。
一般家庭の食卓にも、欧米化の波が押し寄せたころと一致する。
http://nh.nikkeibp.co.jp/article/special/20100119/105602/?P=1


悪い体脂肪を減らすにも最適のようです。


毎日の食事考えないと・・・。
ラベル:雑穀 ミネラル
posted by ともかず at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日からの取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月27日

食で若さ保つ!お勧めやっぱり日本食!

年齢・性別にかかわりなく関心が高い
アンチエイジング(抗加齢)。


動脈硬化の危険因子である高血圧、たばこ、
糖尿病、コレステロールは酸化ストレスを
増加させるため、これらの予防は抗加齢からも重要。
特に食ではコレステロールの摂取量を
いかに少なくするかが課題になるという。



世界保健機関(WHO)循環器疾患専門委員として
八〇年代から世界六十一地域で調査した結果、
「野菜、大豆、魚介類、乳製品を積極的に取ることが、
生活習慣病のリスク軽減と健康寿命を
延ばすために重要だと分かった」と説明する。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/technology/science/CK2010012602000145.html


親子でファストフードを食べる光景が珍しくなくなった。
今はよくても二十年、三十年後に影響する、と専門家は警鐘を鳴らす。

posted by ともかず at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日からの取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

嗅(きゅう)覚の低下はアルツハイマー病の早期徴候

マウスを用いた研究で、
嗅(きゅう)覚低下がアルツハイマー病の早期指標と
なる可能性が示され、
医学誌「Journal of Neuroscience(神経科学)」
1月13日号で報告された。
http://www.healthdayjapan.com/index.php?option=com_content&task=view&id=2272&Itemid=37



アルツハイマー病患者の嗅覚が低下することは
すでに知られているが、今回の研究では
アミロイド斑(アルツハイマー病の原因となる脳内の蓄積物)の
発生と嗅覚低下との直接的な関連が明らかにされた。


posted by ともかず at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

完治することのない糖尿病

「50歳以上の3人に1人は、
糖尿病かその予備群」(平成19年度・厚生労働省調べ)だと
言われている。


糖尿病は自覚症状がないまま病気が
進行するケースも少なくない。
加えて、一度かかってしまうと完治ができず、
一生病と付き合っていく必要があるという
恐ろしい側面を持っている。


そんな中、近年巷で話題になっているのが、
テレビCM等でもバンバン流れているアスタキサンチンという
成分だろう。サケやイクラといった海産物に含まれる
ビタミン様の物質で、体内で発生する活性酸素に対しての
抗酸化能力に優れており、その消去能はCoQ10の約800倍、
ビタミンEの約1000倍とも言われている。
マウスや人による臨床試験でも、アスタキサンチンが血糖値の上昇を
抑制する働きがあることは既に確認されており、
なんと、血糖を気にする方であれば耳にしたこともあるであろう
ヘモグロビンA1cの低下作用も確認されているのだ。
http://news.livedoor.com/article/detail/4556835/
posted by ともかず at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最新情報満載アイテム豊富ディスカウントモール出店記念大放出中お得情報はこちら!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。