2010年01月06日

脳卒中の早期再発を予測する新しいツール

脳卒中発症後90日以内に再発が起こるかどうかを
予測するツールが、米マサチューセッツ
総合病院/ハーバード大学医学部
(ボストン)のHakan Ay博士らによって開発された。

予防する為にも知識が必要です。


Ay氏は「脳卒中の初発後すぐに再発すると、死亡や重度の障害を
来す可能性が高いことが示されている。
予測ツールは、脳卒中の再発リスクが高く、初回の評価時に
通常得られる情報をもとに、直ちに評価を行う必要のある
患者の特定に役立つ可能性がある」と述べている。
http://www.healthdayjapan.com/index.php?option=com_content&task=view&id=2245&Itemid=37

タグ:病気予防
posted by ともかず at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月05日

毎日コーヒー4杯 糖尿病予防

つい先日にも、1日6杯以上のコーヒーが前立腺がんの
進行リスク低下につながるとの研究が発表されており、
コーヒーの健康効果を示す報告が相次いでいる。

毎日のコーヒーおいしく飲むには。



今回の研究は、約5万人を対象に行った18の調査を元にしたもの。
コーヒーまたはカフェイン抜きコーヒー、
もしくは紅茶を毎日4杯飲むと、
2型糖尿病を患う確率は約25〜35%低減できるという。
http://www.sankeibiz.jp/econome/news/091222/ecb0912220737001-n1.htm

報告書では、2025年までに世界全体で
約3億8000万人が2型糖尿病にかかると予想し、
「経済や健康、社会に巨大な負担をもたらす」と指摘している。

タグ:コーヒー
posted by ともかず at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月04日

しびれ・痛み・冷え・足の異常

糖尿病になって最初に出てくる合併症が糖尿病神経障害です。
これはとてもありふれた合併症で、自覚の有る無しにかかわらず、
75%の患者が影響を受けているとみられています。
http://allabout.co.jp/gm/gc/1141/


一口に神経障害といっても実に症状はさまざまで、
その程度も、何となく不快に感じる程度のものから激痛や冷感、
無感覚などの生き方にかかわるような重いものまであります。


普段から足のチェックは必要ですよ。

未だに膝から下の冷えに悩んでいます。

posted by ともかず at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 合併症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

100円マックのホスピタリティ

外食業界では生き残りをかけ、競争激化が進む一方だ。
マクドナルドがサービス面でも競合店との差別化を
図るために採用しているマニュアルとは・・・。


商品はもちろん、サービス面でも競合店との
差別化を図りたい同社だが、以前発売された書籍
100円マックのホスピタリティ』(H&I)では
マクドナルドの現場で行われている競合店差別化のための
以下の5つのサービスが紹介されている。

1. 客や通行人から道を尋ねられたら快く対応する
2. マクドナルドの店舗の住所録を用意しておく
3.「お冷をほしい」と言われたら差し上げる
4. ハンバーガーを半分に切ってほしい
(とくに子どもなど)と頼まれたら対応する
5. 哺乳瓶にお湯がほしいと言われたら差し上げる
http://news.livedoor.com/article/detail/4530687/

不況により商品の魅力だけでは経営を維持できない今、
ファーストフードでも従業員のサービスの質が
きびしく問われる時代になってきている。

タグ:マニュアル
posted by ともかず at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月30日

いさきの中華風刺身

自覚症状がないからといって放っておくと、
様々な合併症を引き起こす高血糖や糖尿病。
これらの症状がある人は、適正なエネルギー量を守ることが大切。
お菓子やごはん、パン、麺などの主食や果物など、
糖質を多く含むものを一度にたくさん食べ過ぎず、野菜、海藻、
きのこなどから食物繊維をたっぷり摂るよう心がけよう。
今回紹介する料理は、さっぱりとした味わいのいさきを中華風に
仕上げたおかず感覚のサラダ。
栄養面と味わいでポイントとなる食材は、カシューナッツである。
http://journal.mycom.co.jp/column/hreceipe/051/index.html


カシューナッツに含まれる亜鉛は、血糖を下げるホルモンである
インシュリンの構成成分となる。
また、カシューナッツには成長ホルモンの合成に関与する
アルギニンも含まれ、体脂肪の代謝を促す働きがある。
さらに食欲を抑制する効果もあり、食べ過ぎ防止にも役立つ。


いずれにしても食べ過ぎないように!!

posted by ともかず at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最新情報満載アイテム豊富ディスカウントモール出店記念大放出中お得情報はこちら!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。